2018年11月6日

アップルパイ!

ほおずりのアップルパイ!
ご好評頂きありがとうございます。

ほおずりとは、ふじと紅玉の掛け合わせで

果肉は緻密で果汁も多く、甘さよりも活き活きとした酸味が口いっぱいに広がり、後口に甘味が感じられ、甘酸っぱいというよりも、酸っぱ甘いという感じのリンゴです。

調べてみると、一般的な生食用リンゴの2~3倍のリンゴ酸が含まれているようです。

この強い酸味のせいで、生食用としての人気が出ず、デビューしてからも栽培面積が伸びなかったようですが、甘いだけのリンゴとは違った美味しさが感じられます。

また、肉質は締りがあり、加熱調理しても崩れにくいので、この酸味とともに製菓用としては強くお勧めしたいりんごの一つです。

このリンゴをバターと砂糖でソテーして
1晩起き水分を出します。

翌日そのリンゴから出た旨みを1時間程かけ煮詰めていきます。
余分な水分を飛ばした旨みをソテーしたリンゴに絡めます。

から焼きしてサクサクのパイの台にこんもり盛って更に40分程焼き上げることで、全体を一体にして完成です。

福島県の渡辺農園さんから収穫したてのほおずりを送って頂いてます。

自然の中で美味しいリンゴを作って頂いている
農園の方には、とても感謝の気持ちでいっぱいです。

是非ご賞味ください!